Tokyo ワークショップ

サンプルデザイン / オリジナルデザインでつくるリング

2015/03/01

オリジナルデザインでつくるリング。指輪は流行り廃りがあるもの。だからこそ自分だけのデザインを考える楽しさがあります。シルバーと真鍮から選ぶだけではなく、無数の形状に変えることができます。

例えばこちら。これは真鍮を使い「甲丸」という形で「磨き」仕上げをしたもの。「甲丸」は断面から見ると半円系となっている形状のもの。リングとしての形状が際立つ、シンプルでスタイリッシュなデザイン。「磨き」仕上げとはその名の通り、ピカピカに磨き上げた仕上げのこと。金属は磨けば磨くほど輝きますが、専門の機器も使って磨き上げることで、光り輝きます。

次にシルバーを使って、「ひねり」という形状にしたもの。文字通り、金属自体を捻ってデザイン。光の反射面が様々な角度を向いて指元がキラキラ光ります。

これはシルバーの外側に「鎚目」というデザインを施したもの。「鎚目」は先端に様々なデザインを施した金槌を使い、金属の表面に模様をつけたもの。

様々なデザインの鎚目をご用意しているので、組み合わせによって選択肢は無限に広がります。

最近は鎚目が映える、平材のリングも登場。鎚目を施すことができる面積が広がりました。

当日も様々なサンプルを参考に作っていきます。是非、あなただけの一品を作ってみて下さい。ご予約は、こちらから。皆様のご来店をお待ちしております。

Makers'
松田