Tokyo 工房利用

機器紹介 / UVプリンター

2016/06/24

UVプリンタは平面の物体に写真やオリジナルのイラストをプリントすることができます。平面であれば既製品のケースや革小物などにもプリントすることができるので個性的なオリジナルの製品を簡単につくれます。ホワイトインクと透明インクが出力できるのも特徴です。

-
UVプリンターの特徴
【1】様々な素材に印刷できる!
【2】写真やイラストを簡単にプリント!
【3】透明インクとホワイトインクがある!
【4】既製品にも転写可能!

-

【1】様々な素材に印刷できる!
UVプリンターは平面であれば様々なものにプリントすることができます。木材、アクリル、ガラス、革…etc。また、紫外線で硬化する特殊なインクを使用しているため印刷と同時に硬化定着し、前準備や乾かしなどの作業が一切不要、簡単な操作で印刷が可能です。


【2】写真やイラストを簡単にプリント!
写真やイラストのデータをお持ち頂ければ、パソコンに読み込んで実行するだけで高解像度で印刷をすることができます。レーザーカッターと組み合わせればオリジナルのキーホルダーもつくれます。


【3】透明インクとホワイトインクがある!
透明のインクは様々な使用用途があります。分厚く印刷することができるのでボコボコとした質感を再現できますし、薄く印刷すれば表面をコーティングしたかのような光沢感も出せます。ホワイトインクは単色で出すことも可能ですが、色付きの物体に印刷するとき下地に印刷後カラープリントをすることで下地の色に影響されず鮮やかに印刷することが可能です。


【4】既製品にも転写可能!
UVプリンターの印刷できるものの条件は第一に平面であることです。平面であればスマートホンのケースにも印刷可能。出来合いの革小物にも印刷可能。ノートの表紙にも印刷可能。是非工夫をして自分のオリジナルを作ってみてください。

-



-

*UVプリンタのトレーニングのご予約はコチラから


-
Makers'
松田