Tokyo 加工代行

事例紹介 / アパレルメーカー向けソリューション

2017/04/09

メイカーズベースには「加工代行」というサービスがあります。作りたいものを、代わりにメイカーズベースがおつくりするサービスです。今回は「アパレルブランド」を事例として、加工代行サービスの内容についてご紹介いたします。

◯メイカーズベースが提供する加工代行サービス
保有している様々なデジタルプリント機器を活用し、オリジナルプロダクトをつくります。また、木材や金属、陶器や縫製加工も合わせて対応可能なため、製品の企画段階からご相談いただくこともできます。

◯加工代行サービスの3つの特徴
・デジタルプリントなので、デザインそのままに加工できます。
・小ロット/短納期でも、ご相談いただくことが可能です。
・加工費+資材費で、明瞭なお見積もりとなります。

◯費用算出方法

加工稼働費+資材費+機器使用費=お見積もり

*加工稼働費は、1時間あたり5,400円(税込)となります(短納期の場合、ご相談の可能性があります)。
*資材費は、資材をご提供いただく場合かかりません。
*機器使用費は、プリントのインク代等です。機器を使用するためにコストがかからない場合は必要ありません。

それでは以下に、アパレルメーカーへのサービスを例にご紹介いたします。

◯アパレルメーカー向けの加工代行サービス 5つの事例

①既製品へのプリント/名入れ加工
ブランドロゴやお客様のお名前などのデザインを、パッケージ/什器/制服にプリントや彫刻でお入れ致します。様々な機器を保有しているため、布、革、紙、木材、金属、アクリル、など様々な素材をご相談いただけます。

(*既製品のハンガーにブランドロゴを彫刻加工したもの)

(*既製品の段ボール素材パッケージに彫刻加工したもの)

(*既製品のポロシャツに、デジタル刺繍加工した制服)

②パーツの切り出し加工
主にレーザーカッターという機器を使い、素材をデータ通りに切り出し、タグやボタンなどの部材をつくります。革、紙、木材、アクリルなどの素材が対象となり、最大で、厚さ20mm程度まで切り出すことが可能です。また、切り出したパーツに彫刻加工を加えたり、カラープリントでデザインを加えたりすることも可能です。

(*栃木レザーを切り出し、ロゴを彫刻して作ったタグ)

③什器の作成
木材や金属を使って、看板や展示什器などをお作りいたします。什器にプリント加工をすることも可能。メニュー表やフロアマップなど、いただいたデザインそのままに、作り上げます。

(*木材を切り出し、フロア案内を彫刻加工したもの)

④POPやサインの作成
店舗前や店内で使用するための、POPやサインをお作りいたします。写真などの情報をきれいにプリントすることができます。最大幅1,600mm程度まで対応可能。また、屋外でも耐久性のあるプリントを行うこともできます。

(*ターポリン生地という外でも使える厚手の生地にロゴをデジタルプリントしてつくったガーランド)

(*ターポリンという外でも使える厚手の生地に写真をデジタルプリントしてつくった大判のPOP)

⑤ノベルティの作成
限定イベントで使用するトートバッグやキーホルダーなど、様々な素材を使ったノベルティの制作が可能です。ご予算に合わせて、商品内容やデザインなどをこちらでお作りさせていただくこともできます。

(*アクリルを切り出し、彫刻加工して作ったオリジナルチャーム)

以上、加工代行サービスのサンプル紹介でした。こういったプロダクトを、最低1個から、最短で当日から承ることが可能です。デザインを起こすところから対応することも可能です。また、以下は加工の際に主に使用する機器であるレーザーカッターとUVプリンターをご紹介した記事となります。

*レーザーカッター:コチラの記事をご覧ください。
*UVプリンター:コチラの記事をご覧ください。


◯ご相談方法◯
ご相談いただく際は、以下のいずれかの方法が可能です。

①ご来店:〒152-0031 東京都目黒区中根1-1-11 10:00〜22:00の営業(土日は混み合いますので平日がオススメです)
②メール:support@makers-base.com(コチラから直接お問い合わせ可能です
③お電話:03-6421-1571

ぜひお気軽にご相談ください。

Makers' Base
松田