Hakata Tokyo

REPROT / PloomTECHカスタマイズショップ@キャナルシティ博多(2017/5/31-6/30)

2017/06/01

火を使わず、たばこ葉を直接加熱もしない事で話題の商品「PloomTECH」。現在、国内唯一のPloomTECH専門店「PloomShopキャナルシティ博多店」にShop in Shop 形式でMakers' Base Tokyoが出店。PloomTECHをより楽しむためのカスタマイズサービスを3つのアイテムで展開します。5月31日から6月30日までの期間限定。

展開アイテムは全部で3種類。

①ハードケース(500円/税抜)
PloomTECHのスターターキットを購入するともれなくついてくるハードケース。ケース自体がシンプルなデザインなので、その上にデザインを直接、UVプリンターでプリント。名入れやスマホの中にある写真、またはMakers' Base がご用意したテキスタイルを使って、自分仕様に仕立てます。

お気に入りの風景の写真をプリントしたり。

大好きなペットの写真を複数枚選び、縦に並べてみたり。自分だけのオリジナルを15分〜30分程度で仕上げます。

②ステッカー(1,200円/税抜)
2つ目はハードケースに貼り付けるステッカー。ケースに直接プリントする場合、形状の関係で、プリントできる範囲が限られ、また強く削るとプリントが落ちてしまう可能性があります。それに比べて、ステッカーならケース前面に貼り付けることが可能。また、一度貼ったものでも綺麗にはがせるので、着せ替え感覚でいろいろと使うこともOK。写真を使ったオリジナルのデザインも、前面プリントだけでなく、ドット柄やタイル柄など、様々なパターンをご用意。こちらもUVプリンターで15〜30分程度で仕上げます。

猫の顔を使ったドット柄。

こちらも猫のお気に入りの写真で構成したタイル柄。

貼り付けると、もとのデザインとはかなり違った、オリジナリティ溢れる印象になります。

③レザーケース(4,800円/税込)
最後はオリジナルのレザーケース。ハードケースはちょっと、という方向けに、より柔らかく、上質な質感をもったレザーのケースを特別にご用意。本体、カプセル、充電用のUSBも入れることができて、コンパクトにまとまります。

こちらも、ステッカー同様、ドット柄やタイル柄など、様々なデザインで仕上げることができます。

また、今回はより上質な「栃木レザー」を使ったオリジナルバージョンもご用意。こちらは革の質感を活かすために、全面のプリントはせず、キャメル、ネイビー、グレー、赤の4色展開。名入れプリントのみで上品に仕上げます。ものによっては当日その場でお渡しも可能。全面にプリントして仕上げる場合でも、3日程度で仕上げてお渡しいたします。

老舗商業施設、キャナルシティ博多。

PloomShopキャナルシティ博多店の外観。

ショップの中の一角の、Shop in Shop形式での出店。

様々なサンプルを手にとっていただきながら、好きなデザインを選ぶことが可能。

Roland DGのUVプリンター「LEF)」が大活躍。①綺麗、②早い、③多用な素材に対応、④既製品もOK、という特徴を最大限に活かしたサービスを展開。

・Makers' Baseの過去の外部出店の様子はコチラ
・PopUpShop出店のご相談はコチラ

Makers'
松田