Chiba Tokyo ワークショップ

自分だけのテキスタイルでバックをつくる

2018/02/21

だんだんと春が近づいてきました。まずは小物から春を取り入れてみてはいかがでしょうか。今回は、手軽に本格的なテキスタイル作成が体験できる『合成&リピート』によるクラッチバックワークショップをご紹介。

ワークショップ詳細はコチラ

『合成&リピート』とは、素材をバラバラに書いて後で、パソコン上で合成をしていくという手法。今回はアネモネの花と手描きチェックの合成でテキスタイル(生地の柄)を作ります。

まずは、アネモネの花を画用紙に描きます。水彩絵の具でベースを描いて、クレヨンでさらに上から色をのせています。

そしてチェック模様は、あえてザックザクに。ペンを使って画用紙に描きます。

素材が揃ったら、ここからは専門スタッフの出番。パソコンに素材を取り込み、複製したり並べたり、さらに背景に色を付けたり、参加者の方と相談しながらテキスタイルをどんどん完成させていきます。

生地のデザインが完成したら、裏地の色を選び、縫製して完成。縫製はスタッフが行いますが、興味がある方はちょっとミシンを体験してみてもOK。

こちらは、3色だんごのテキスタイル!美味しそう!

こちらは、手描きチェックとチューリップのテキスタイル。フタだけ色を変えてみるのもオシャレ♩このように組み合わせ次第で、自由自在な生地のデザインが楽しめます。モチーフは、食べ物でもよし、季節の花でもよし、考えるだけでワクワクですね。

パソコンケースとしても活躍するクラッチバック。ぜひ体験してみてください。

ワークショップ詳細はコチラ


Makers'Base
山下