Chiba Tokyo ワークショップ

お父さんへのありがとうを「つくる」。父の日に最適な5つのワークショップ

2018/05/29

6月17日の日曜日は父の日。日頃の感謝を、今年は「つくる」で表現してみてはいかがでしょうか。メイカーズベースで開催しているワークショップの中から、父の日に最適なものをご紹介いたします。

<栃木レザーのキーケース>
2時間半開催 / 5,400円 / 詳細はコチラ

・父の日の定番アイテムの一つで、手作りだと違いが出しやすい
・革の色のバリエーションを用意していて、選ぶ楽しさがある
・年齢や性別問わず、どなたでも参加できる

<木製のお箸づくり>
2時間半開催 / 4,860円 / 詳細はコチラ

・好きな木材を選んでつくれる
・メッセージや柄をレーザー彫刻加工してデザインできる
・比較的安価で、参加しやすい

<木製の万年筆>
3時間開催 / 16,200円 / 詳細はコチラ

・父の日らしい、お父さんが日常使いできる文具
・好きな木材を選び、希望者は彫刻加工を施すこともできる
・耐久性高く、使い込めば使い込むほど、より味わいがでる

<錫の酒器づくり>
4時間開催 / 10,800円 / 詳細はコチラ

・金属を叩いてつくるから、つくりごたえがある
・冷酒に合い、お酒をまろやかにしてくれる
・高級な錫という素材を使うので、上質なイメージがでる

<パソコンケース>
2時間半開催 / 8,640円 / 詳細はコチラ

・写真や絵を使って、オリジナルの柄で仕上げることができる
・デザインされた既製品が少なく、実はお父さんがほしい、ということが多い
・お孫さんがいる方や、ペットが好き!というお父さんにオススメ

以上5種類の立体系ワークショップ。今年の父の日はぜひ、お父さんへのありがとうをつくってみてはいかがでしょうか。

Makers'
松田