Chiba Tokyo 加工代行

事例:商業施設(アトレ)出店用のパネル制作および什器の構築

2018/07/05

◯成果物
・ブース内の柱4面にとりつけるパネル
・ブースの底面にはるフェイクカーペット
・ブース内に設置する什器
・ブース内で使用する商談用テーブル

◯依頼内容
・アトレ恵比寿店で行う出店ブースおよび什器制作
・台湾デザイナーと連携して制作すること
・ブース内にある柱につけるパネルの制作から、什器の制作まで
・現場構築の際、陳列と並行しながら構築すること

◯数量
・パネル 4面(4方)
・展示什器 10セット

◯納期
・3週間

◯仕様
・台湾デザイナーによりデザインされた内容
・パネルは2,700mm × 1,200mm程度で4面
・展示什器は900mm × 600mm × 600mm程度のサイズ、様々な形状

◯メイカーズベースの担当工程

①台湾人デザイナーとの確認
台湾人デザイナーと制作内容の確認。及び、日本の規格を踏まえた上で、制作のアドバイス。

②資材選定、資材調達
コストに合わせた資材の選定(主に木材、仕上塗装剤)。選定した資材の調達。

③制作(内部)
メイカーズベースにて、必要な制作工程の前段階を加工。製材、磨き、溶接、塗装等。
現地に持って行って組み立てることができる程度の大きさで、パーツを制作。

④制作(現地)
パーツで納入し、現地で組み立て。仕上げの磨き等を行なって完成。
パネルは支柱を立てるところから、実際にパネル自体を貼り付けるところまで(電球つき)。

⑤現地調整
現地にてサイズの違いや、条件変更などを踏まえて、パネルを貼り付け。

⑥撤収と廃棄
展示会終了後、什器及びパネルの撤収。

◯メイカーズベースが提供する加工代行サービス
保有している様々なデジタルプリント機器を活用し、オリジナルプロダクトをつくります。また、木材や金属、陶器や縫製加工も合わせて対応可能なため、製品の企画段階からご相談いただくこともできます。

◯加工代行サービスの3つの特徴
・デジタルプリントなので、デザインそのままに加工できます。
・小ロット/短納期でも、ご相談いただくことが可能です。
・加工費+資材費で、明瞭なお見積もりとなります。

◯費用算出方法

加工稼働費+資材費+機器使用費=お見積もり

*加工稼働費は、1時間あたり5,400円(税込)となります(短納期の場合、ご相談の可能性があります)。
*資材費は、資材をご提供いただく場合かかりません。
*機器使用費は、プリントのインク代等です。機器を使用するためにコストがかからない場合は必要ありません。

◯ご相談方法◯
ご相談いただく際は、以下のいずれかの方法が可能です。

①ご来店:〒152-0031 東京都目黒区中根1-1-11 10:00〜22:00の営業(土日は混み合いますので平日がオススメです)
②メール:support@makers-base.com(コチラから直接お問い合わせ可能です
③お電話:03-6421-1571

ぜひお気軽にご相談ください。

Makers' Base
松田