Tokyo イベント

ゲスト紹介 / 1周年パーティ②iichi

2014/09/14

2014年9月5日金曜日。メイカーズベース1周年イベントを開催。そのゲストトークをアーカイブ。2組目はiichi株式会社の代表取締役 飯沼さんと取締役の佐藤さん。iichiはCtoCマーケットサイトを運営する博報堂グループの企業。まだ新しいのですが、売上規模は既に業界2位。また、全ての活動をクリエイターオリエンテッドで行うから、本当に価値あるサービスを提供できる企業。iichiさんとメイカーズの出会いは今年の初夏。ふらっと飯沼さんが遊びにいらしたところから。でも初めて会って話をしたところから、すぐに意気投合をしたのです。それは、iichiとメイカーズの目指すビジョンが隅々まで合致していたから。個人のクリエイターが活躍できる、新しい文化を作り出そうというビジョン。

「学生が、学校を卒業し、就職せずに自分自身の手で作って販売する。主婦業が一段落し、不慣れな仕事に改めて就くのではなく、自分の作品を作って販売してみる。サラリーマンが二足のわらじで自らのこだわりを形にし、売ってみる。そんな人を、iichiでサポートしたい。そして、そういった方のためにメイカーズと組むことは大きな価値になる」(飯沼さん)

「iichiは販売成約の単価が高い。これは質の高い作品を求めて来た自分たちの結果。もちろん、様々な単価のものがあってよいが、常に質の高いモノが並んでいるサイトにしていきたいし、そのためにクリエイターの方にとって必要な取り組みを続けていく。メイカーズと手を組み、いろいろな取り組みを仕掛けていくことは価値に繋がるはず」(佐藤さん)

この場で発表したのが、iichiとメイカーズの包括的な業務提携。強く手を組み、クリエイターにとって価値のある取り組みを続けていきましょう、と。作る、学ぶ、広げる、売る、という、クリエイターが個として活躍していくために必要な機能を充実させていきます。

その第一弾の取り組みが「100 Makers' Open Base ! 」というイベント。11月1日(土)/2日(日)/3日(祝)の3日間、メイカーズに100人のクリエイターが集い、100種のものをつくるワークショップとそのクリエイターの作品を販売します。今後も「作る/学ぶ/広げる/売る」の質を上げる活動を、継続的に展開していきます。

Makers'
松田