Tokyo イベント

REPORT / UVプリンタアドバンスセッション(2015/9/25)

2015/09/26

2015年9月25日。UVプリンタアドバンスセッションを開催。人気機器のUVプリンタについて、製造元のRoland DG社さんをお呼びして、もっと深いアレコレを学びたおすイベント。参加された方にとって、普段は聞けない貴重な時間となりました。

セッションは3時間開催。前半はRoland DG社の服部さんによるプリント技法の違いのレクチャー。そこから、UVはどういった用途に対して、どういった点が優れている/弱点であるのか、ということを学びました。普段は営業として活躍している服部さんですが、実はバリバリの理系(化学系)出身。マニアックな、でも知っているととても得をする話が盛りだくさん。特に興味深かったのが、インクはなぜ定着するのか?という話。実は未だに、明確には誰もなぜかわかっていない、らしい。化学反応だったり、噛み合わせができる、だったり、複数の説はあるけれど、明確にコレとはいえないそう。つまり、開発段階でもより実践レベルの検証を積み重ねて市場に出て来た製品なのですね。

後半はUVプリントに特化し、具体的な実践方法を伝授。どういったプライマーを、どういった素材に対して使うと綺麗に仕上げることができるのか?という話は、知っていると知らないとで、作業効率や出来上がりのクオリティに大きな差がでるもの。「アクリライトEX」やら「アトミックプライマー」やら「トレンナー1」やら、魅惑的なワードがその使い方と共にバンバン飛び出します。もちろん、話題のグロスインクについても丹念にご説明いただきました。

また、UVプリンタを使って、実際にビジネスが成功している事例も紹介。ファッション関連だけではなく、コミケ系からご当地おみやげまで、様々な分野をご紹介いただきました。

本当にためになった、あっという間の3時間。セッションにお持ちいただいたUVプリンタを使った実例サンプルもかなりバリエーションがあって、たくさんの学びがあるものでした。今後もまた、少し時間をおいて同内容のセッションをリピート開催できれば、と思わせる内容。今回参加できなかった皆様も是非、機会が合えば次回のセッションにご参加下さい。

Makers'
松田