Tokyo ワークショップ

2018年12月の新作ワークショップ紹介

2018/11/13

本格的な冬の季節となる12月。クリスマスという大きなイベント、そして来年に向けての準備も大詰めです。そんな時期を楽しむことができるワークショップをご用意いたしました。メイカーズベースがお届けする、12月の新作ワークショップのご紹介です。


><><><><><><><><><
①コットンと木の実のクリスマスリース
><><><><><><><><><

2種類のコットンと木の実をたっぷりのせたリース、リボンの色合いも優しく、クリスマス前から冬の間飾っていただきたいリースです。白いトーヒハーフの木の実が印象的で暖かな色合いに仕立てています。

[ワークショップの流れ]
グリーンのステムローズ、コットン、ケイトウ、シダローズやトーヒハーフ、木の実をグルーで付けて、ユーカリで輪郭をとり、隙間にグリーンやボルドーの紫陽花、ヒエやミニデージーをのせていきます。最後にダスティーミラーやユーカリで動きを出して仕上げます。全体のバランスを見ながら、1つ1つの花材のサイズ、配置を教わりながら仕上げていきます。初めての方でも、綺麗に作れるので安心してご参加ください。ユーカリなどのグリーンハーブの香りに癒されながら、冬支度を初めましょう。

[料金]
¥5,600(税込)

[所要時間]
2時間

[仕様(サイズ/素材など)]
サイズ:縦28センチ
・花材:コットン2種類、シダローズ、ステムローズ、ケイトウ、トーヒハーフ、ヒエ、紫陽花、木の実各種、ジェニパーベリー、ユーカリ、ダスティーミラー、リボン等

[持ち物]
お持ち帰り用の袋(お持ちでない場合は、当日¥108で手提げ袋のご用意もございます。)

[講師紹介]
kicoro
ドライフラワーの風合いと香りに惹かれてDried flower kicoroを立ち上げる。ドライフラワーの自然な優しさプリザーブドフラワーの華やかさをアレンジメントした作品が特徴。現在は、国立のkicoroのアトリエで作品の展示また単発、定期レッスン、花雑貨を置いております。自宅にてアレンジメント教室を開催。随時オーダー受注制作も承っている。

ご予約はコチラから。


><><><><><><><><><
②ハーブとアロマ精油で作る手ごね石けん
><><><><><><><><><

オーガニックのハーブとアロマ精油を選び、ナチュラル素材の手ごね石けんをつくります。精油の組み合わせによっては風邪やインフルエンザの予防も期待できるので、冬の季節にぴったり。アロマテラピーについても知ることができるので、普段の生活に活かせます。キリスト誕生の時に贈られたといわれるフランキンセンスの香りを選べば、クリスマスのおもてなしにもぴったり!

[ワークショップの流れ]
まずはアロマテラピーの基礎知識について、講師からおはなしがあります。今までアロマテラピーに抱いていたイメージが、きっと変わりますよ!選ぶアロマ精油によって、風邪やインフルエンザの予防を狙ったもの、気分をリラックスさせるためのものなど、様々な機能性があることがわかると思います。
その後はハーブと香り選び。石けんを2つ作ることが出来るので、ハーブも2つまで選べます。ヒースは美白作用、ハイビスカスにはビタミンCが豊富など、ハーブによる特色も考慮してみましょう。そして約20種類のアロマ精油の中から、お好みの香りを選んでブレンドします。香り選びは初めてという方でも大丈夫!講師がしっかりナビゲートします。
選んだハーブを熱湯に漬けてハーブ浸出液を作っておき、ビニール袋に植物性の石けん素地を入れ、アロマ精油とお好みで色素を入れ均等に混ぜます。次にハーブ浸出液を入れ、良くこねてできあがり!持ち帰って2~3日乾燥させてから使用してください。

[仕様]
石けん:約50g×2種類
ハーブ:ローズ・ラベンダー・カレンデュラ・ハイビスカス・ヒースの6種類
香り:オーガニックのアロマ精油を20種類以上ご用意
色:何色でもできます。ハーブの色を活かして無着色も可能です。

[料金]
基本料金:¥3,240(税込)
追加制作:¥1,080(税込)
*オプション料金は、当日受付にてお支払いください

[講師紹介]
Junko
日常生活を彩るデザイン性の高い手作り石鹸のワークショップを、メイカーズベース・蔦屋書店などで定期的に開催。アロマテラピーの知識に基づいた香りの提案も得意とし、見た目だけでなく効能的にも優れた石けん作りを提供している。アロマティカメソッド宝石石鹸インストラクター資格を持つ講師が、初心者でも簡単に作れるようナビゲートします。

ご予約はコチラから。


><><><><><><><><><
③レザーでつくるセクシーなお尻/お乳型パスケース
><><><><><><><><><

貴方好みの配色でセクシーなお尻や胸型のパスケースをつくるワークショップ。色の組み合わせはあなた次第!全ての部分で上質な本革を使用している為、より魅力的な経年変化を楽しむ事ができます。革も色白なお尻や、日焼けした胸など...,選ぶだけでも楽しくなりそう。レザークラフト初心者の方も大歓迎です。

[ワークショップの流れ]
①パンツ前面、パンツ後面、乳房、ブラジャーの中からお好きな2つの組み合わせを選びます。
②上質なイタリアンレザー(全7色)から好きな配色を選びます。
③菱目打ちという道具で縫うための下穴を開け、肌パーツと下着パーツを手縫い用レザー針を使って縫製していきます。
(※選択するデザインによっては金具を装着する作業もあります)
④裁断面を綺麗に磨きあげ、金具(ハトメ)とカラビナを装着し貴方好みのセクシーパスケースの完成です!

[所要時間]
2.5時間

[価格]
¥6,500(税込)

[素材]
イタリアンレザーアリゾナ
イタリアの職人による手作業での染色技法で味わいのある表情に仕上がったレザー。使い込むほどに革の良さが出て独特の味わいになっていきます。

[肌部分の革色]
赤、黄、青緑、黄土、茶、焦茶、黒の7色。

[下着部分の革色]
赤、黄、青緑、茶、焦茶、黒の6色。

[糸色]


[金具色]
シルバー

[付属品]
カラビナ付き(革色に合わせて複数色ご用意しています)

[講師紹介]
440
噂のお尻財布でminneハンドメイド大賞2016にて大賞を受賞。

ご予約はコチラから。


><><><><><><><><><
④[JR東日本との限定コラボ企画] 東京駅の赤煉瓦(赤レンガ)を使ってつくるアクセサリー
><><><><><><><><><

JR東日本とのコラボ企画ワークショップ。東京駅で実際に使われていたレンガと金箔を合わせて、アクセサリーをつくります。現在行われている東京駅改良工事にともない、1914年(大正3年)から100年以上にわたり東京駅を支えた煉瓦が、その役割を終えることとなりました。その貴重な煉瓦を活用し、金箔やアクリルと合わせてオリジナルアクセサリーとして仕上げます。東京駅の歴史、重みとともに、新しい美しさが生まれるワークショップです。煉瓦の数に限りがあるため、数量限定開催となります。

[ワークショップの流れ]
①サンプルを参考に、つくりたいものを決めます
②砕いたレンガと、金箔などを合わせて型に入れます
③型にレジンを流し込んで、アクセサリーを成型します
④成型したアクセサリーをとりだし、金具をつけて完成です

[価格]
4,320円(材料費込)
*当日追加制作(プラス2,700円)という形で、2つ目をつくることができます

[所要時間]
1時間-1.5時間程度

[制作できるもの]
1 : ピアス
2 : イヤリング
3 : ネックレス
4 : キーホルダー

[制作できる形状]
三角形、丸型、三角錐など、19種類の型をご用意しています。また、ぶら下げ型のピアスパーツなどもあり、サンプルを見ながら好きな形に仕上げていきます。

[レンガ]
1914年(大正3年)から100年以上にわたり東京駅を支えた煉瓦が、東京駅改良工事において発生しています。今回発生した煉瓦は、東京駅のホームを支えてきた煉瓦です。

[レンガと合わせるパーツ]
・金箔
・銀箔
・銅箔
などの箔素材をご用意しています。

[製法]
レジン素材のUV硬化

ご予約はコチラから。


><><><><><><><><><
⑤本物の草木を使ってつくる北欧風クリスマスツリーとニッセ
><><><><><><><><><

本物の草木を使って北欧風のクリスマスツリーとニッセをつくるワークショップ。

クリスマスツリーは艶々した可愛らしい木の実や不思議なつぼみ、質感の異なる様々な植物を香りのいいヒバやエバーグリーンにあわせて、冬の森に不思議な木の実が転がっている様なイメージに。自然の綺麗な形をいかして北欧らしくナチュラルに仕上げます。ツリーの代わりにリースを作ることも可能です。

北欧の妖精とも呼ばれるニッセは、植物でできた小さなサンタ。幸せを運んできてくれると言われています。そんなニッセをもしたオブジェも合わせて制作。

ツリーはフレッシュの状態から徐々にドライになり、クリスマスまで日々の変化もお楽しみいただけます。またそのあと1年後、5年後と長く、アンティークな風合いも楽しんでいけるワークショップです。

[ワークショップの流れ]
①花材を選び、形に合わせて整えます
②整えた花材を使って、ツリーをつくります
③残った材料を使って、ニッセをつくります
④木の実等をアレンジして、仕上げます

[ツリー]
高さ:約40cm
直径:約23cm
重さ:約750グラム

[ニッセ]
高さ:約14cm
直径:約12cm

[鉢]
北欧テイストの白いポットを使用します。

[使用する植物]
フレッシュのヒバやコニファー、香り高いエバーグリーンを数種。木の実やメタセコイヤ、白樺チップ等を数種類使います。北欧らしい、爽やかな香りがつつみこみます。

ご予約はコチラから。


><><><><><><><><><
⑥アニマルトロフィー「大きな羊をつくろう」(*満席となりました)
><><><><><><><><><

著書『フェルトでつくるアニマルトロフィー』、出版を記念したワークショップです。フェルトやフェイクボアをつかって、壁に飾る動物のインテリア『アニマルトロフィー』を作ります。今回は特別に、講師が普段おこなっているワークショップよりも大きいサイズ(Mサイズ)の『ヒツジのアニマルトロフィー』が作れます。当日、本を持ってきていただくと、もれなくサインを致します。本をお持ちでない方へ、本の販売も予定しております。

[ワークショップの流れ]
お好きな配色の「キット」を選んでいただけます。 フェルトとフェイクボアを使用しています。 あらかじめ、「キット」になっておりますので、手芸初心者でも大丈夫です。 顔・耳・ツノに手芸綿わたを詰めて、手縫いで完成! あなただけの”ひとつ”が出来上がります。首の後ろにループが付いていますので、壁に飾ってお楽しみください。

[料金]
参加費:¥12,000

キット販売:¥12,000
*すべて税込。
*オプション料金は、当日受付にてお支払いください。

[所要時間]
約6時間
・持ち物不要。道具はすべてお貸出しいたします。
・長時間の為、小学生以下のお子様のご参加はご遠慮ください。

[仕様]
サイズ: (縦約27cm×横約37cm×奥行き約26cm)
素材: フェルト、フェイクボア、手芸わた、刺繍糸。

[講師紹介]
Hande und Stitch(ハンドウンドステッチ)・花村一晃
『アニマルトロフィー』作家。 大阪芸術大学、文化服装学院 卒業。 「minneハンドメイド大賞2017」グランプリ受賞。 衣装製作、アパレルメーカーを経て、渡独。 2011年帰国後、自身のブランド「Hande und Stich」のデザイナーとして活動を始める。 ワークショップ『アニマルトロフィーを作ろう!』も各地で開催。

ご予約はコチラから。


以上、12月の新作ワークショップのご紹介でした。お気に入りの一つ、クリスマスに向けてぜひ参加してみてください。皆様のご来店を心よりおまちしております。

Makers' Base