Tokyo ワークショップ

[工程紹介]東京駅の赤レンガを使ってつくるアクセサリー

2018/11/29

JR東日本とのコラボ企画ワークショップ。東京駅で実際に使われていたレンガと金箔を合わせて、アクセサリーをつくります。形を選んで、レンガを砕いてデザインして、レジンで固めて金具をつけて、1時間程度。その工程を詳しくご紹介します。(ご予約はコチラから)


①サンプルを参考に、形を決める

まずは、サンプルとしてご用意しているアクセサリーを参考に、形状、およびアイテムを決めます。

[制作できるもの]
1 : ピアス
2 : イヤリング
3 : ネックレス
4 : ブローチ

[制作できる形状]
三角形、丸型、三角錐など、19種類の型をご用意しています。また、ぶら下げ型のピアスパーツなどもあり、サンプルを見ながら好きな形に仕上げていきます。

[サイズ]
1つあたり1cm-3cm程度

②レジンを型に流し込み、整える

決めた形に従って、レジンを型に流し込み、整形します。また、レジンの中にできた気泡を取り除きます。ただし、気泡を入れることで美しいデザインとなる場合もあるので、サンプルを参考にして、自分の好きなデザインで整えます。


③レンガを砕く

レジンが整ったら、レンガを適切なサイズまで砕きます。レンガの部位によって異なる表情を持っているので、好きな部位を選び、好きな形、大きさで整えていきます。

[レンガ]
1914年(大正3年)から100年以上にわたり東京駅を支えた煉瓦が、東京駅改良工事において発生しています。今回発生した煉瓦は、東京駅のホームを支えてきた煉瓦です。


④レジンの中に入れてデザインする

砕いたレンガをレジンの中に入れて、デザインしていきます。同じ大きさを揃えたり、異なる大きさであえて不揃いにしたり。自分の好きなデザインを楽しみます。


⑤レンガに箔を合わせる

レンガと箔を合わせて、カラフルかつゴージャスに。明るい色味と合わせることで、レンガ自体の色味も引き立ちます。気に入ったデザインまで仕上げたら、上からさらにレジンを加えて整えます。

[レンガと合わせるパーツ]
・金箔
・銀箔
・銅箔


⑥UVランプで硬化させて、型から取り出す

UVランプをあてて、レジンを硬化させます。あてる時間は数分。あっという間に固まっていきます。

レジンが固まったら、型から取り出します。


⑦穴をあけて、パーツを取り付けたら完成!

取り付けたい位置に金具を取り付けるための穴をあけます。工程として難しいので、スタッフが担当して代わりにあけることも可能です。

開けた穴に金具を装着して、

その金具と、イヤリング/ピアス部分の金具を取り付けたら完成です。

[金具]
1 : ピアス
2 : イヤリング
3 : ネックレス
4 : ブローチ

[ご予約]
コチラからご予約画面に遷移します。

Makers' Base