Tokyo クライアントワーク 施設利用

陶芸作品を焼成するための電気釜レンタルサービス

2020/01/07

Makers' Baseが保有している電気釜「エクセルキン」を、有償でご利用いただくことが可能です。日程を事前に調整した上で、スタッフ立会いのもと、窯入れ/窯出しは自身で行います。初回から3回目までの焼成についてはスタッフのサポートが必要となりますが、それ以降問題ないと判断した場合、スタッフのサポートなく使用することができます。

[価格]

①初回〜3回目
素焼き:焼成電気費 5,500円 + スタッフサポート費 5,500円
本焼き:焼成電気費 11,000円 + スタッフサポート費 5,500円
*サポートは窯入れ時に30分、窯出し時に30分程度となります。

④4回目以降
素焼き:焼成電気費 5,500円
本焼き:焼成電気費 11,000円

[保有している釜]
電気釜「エクセルキンEX 365SF」
*酸化焼成方法を採用

[釜のサイズと焼成可能量]
釜のサイズは0.20立米。
*焼成可能な量の目安としては、普通サイズのお茶碗40個分程度です。

[依頼可能な方の条件]
◯大学や専門学校で陶芸を専攻していた方
◯自宅や工房などに、釜を所有し、使用している方
◯職場に釜があり、恒常的に利用していることを証明できる方
◯弊工房主催の特別トレーニングを受講している(1回あたり2時間=10,000円、基準を満たすまで実施)
*会員/非会員にかかわらず、どなたでもご依頼いただくことが可能です。
*特別トレーニングは別途、ご相談ください。調整いたします。
*いずれの場合も、初回は会員登録(5,500円)が必要となります。

[対応可能な日程]
空いていれば、直前でも焼成することが可能です。ただし、恒常的にワークショップの作品などを焼成しているため、ご希望の際はお早めにご相談ください。また、窯出しは窯入れをした日から2日後(中1日)に必ず行っていただく必要があります。その点も加味した上で、ご相談ください。

[破損等について]
焼成段階で破損等があった場合、弊社にて保証を行うことはありません。その点をご理解いただきました上でご依頼ください。ただし、落下や衝突など、弊社スタッフによる扱いの不備による破損等については、その限りではありません。別途ご対応いたします。

[備考]
焼成時、釜の中に隙間が多くある場合、釜が傷んでしまうため、弊社内で開催しているワークショップで制作された作品を一緒に釜に入れることがあります。また、以下の点も必ずご確認ください。

・焼く温度を提示してください。(素焼きor本焼きどちらなのか)
・素焼きをする場合、必ず作品は乾いているここととします。生乾きの作品はその場でお断りいたします。
・扱いの難しい作品、素材を扱う際には必ず事前にご相談の上ご予約をお願いします。

以上となります。個展や作品づくりに、ぜひ活用してみてください。

Makers' Base
施設管理担当