Tokyo オーダーメイド ワークショップ

[加工紹介]レザー製品/アクリル製品への箔押し加工

2020/01/23

ワークショップ/オーダーメイドで対応可能なオプション「箔押し加工」のご紹介です。箔押しとは、伝統的な表面加工/光沢加工の1種です。Makers' Baseにはデジタル処理でレザー製品に箔押し加工ができる機械を導入しています。デジタルなので、ロゴや名前や日付、メッセージなどオリジナルで1つから対応することが可能です。細かい加工でそのクオリティが変わってくるレザー製品やアクリル製品にぜひ、ご活用ください。

[箔押し加工とは]
伝統的な表面加工/光沢加工の1種。文字やロゴなどを入れることが多い。

[箔押し加工に使用する機器]
半導体レーザー箔転写機

[加工方法]
レーザー照射により箔を定着。堅牢度高く定着させることができる。

[加工の特徴]
通常の金型をつくって行う加工と異なりデジタル加工であるため、1つ1つ異なる内容を効率よく対応できる。例えば、1つ1つ違う名前などの名入れも、短時間/ローコストで対応可能となる。

[加工可能なサイズ]
最大 80mm× 80mmまで。高さ25mmまで。

[取り付け可能な材料のサイズ]
以下のいずれかの条件を満たす必要があります。
①100(幅)×200(奥行)×20(高さ)mm
②200(幅)×100(奥行)×20(高さ)mm
*既製品も、上記条件を満たせば対応可能です。
*ただし、組み立て前のパーツ状態で箔押し加工した方が、安定的に定着させることができます。

[加工できる色]
ゴールド
シルバー

[加工できる内容]
・ロゴ
・名前
・日付
・メッセージ
など。基本的には平面データ化できるものであればどんなものでも対応可能です。

[加工対象]
①レザー製品(既製品含む)の平面部分。凹凸0.1mm程度までなら対応可能。
 平面加工後に曲げる加工などの対応は可能、その場合も割れ等は発生せずに定着した状態を維持できる。

②アクリル/プラスチック製品の平面部分。

[価格]
@1,000円〜
*データの内容、サイズ、また対応数量により異なります。オーダーをご希望の場合は別途ご相談ください。

[箔押し加工が可能なワークショップ]
以下のワークショップ内で、箔押し加工を行うことが可能です。箔押しのために事前に特別な申請等をする必要はなく、当日お越しいただいた際に箔押し希望の旨、担当にお伝えいただければ、ご対応いたします。

◯栃木レザーを使ってつくる腕時計>コチラ
◯栃木レザーを使ってつくるキーケース>コチラ
◯栃木レザーを使ってつくるコインケース/カードケース>コチラ
◯栃木レザーを使ってつくるスマートフォンケース>コチラ
◯栃木レザーを使ってつくるノートパソコンケース>コチラ
◯栃木レザーを使ってつくるIDカードケース>コチラ

[箔押し加工のオーダーメイド対応]
上記したワークショップの商品や、別途企画したもの、またすでに保有しているものについて、オプションとして箔押し加工のオーダーを承ることが可能です。ある程度まとまった量からのご対応となるため、企業や学校、その他団体で制作する記念品などにご活用ください。ご希望の場合、まずはお問い合わせから「オーダーメイドについて」をお選びいただき、ご依頼内容をご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

Makers' Base