はじめての金継ぎ体験

欠けたり割れてしまった器を直して、あらたに命を吹き込む金繕いの技法を体験します。金継ぎとは、陶磁器の傷を漆を用いて修復し、傷跡を金や銀で目立たせ景色としてプラスに捉える、日本の伝統的で素敵な技法です。本来、天然の漆を使っておこなうものですが、時間や手間がかかり、漆でかぶれてしまう心配もあります。

本ワークショップはうるしの代用素材とエポキシ接着剤を使った「なんちゃって金継ぎ」ですが、初心者の方にも手軽に出来る内容です。買い換えるのではなく「直す」ということで、気づいてい なかった表情を発見し、大事なものと永く付き合う喜びを、ぜひ感じていただきたいです。

①予め用意してある日程から予約
本ページの下部より日程を選択し、予約ページに進んで下さい。1名から予約可能です。
②ご希望のスケジュールで新たに日程を設けて予約
4名以上の参加予定者が必要です。調整可能な日程であれば、平日も含めて開催できます。

*お問い合わせはコチラからお願いします。
*お電話でのお問い合わせは、03-6421-1571(受付:10:00〜19:30)にご連絡下さい。
*American Expressカードでのお支払いをご希望の場合、別途ご連絡ください。
*クレジットカードをお持ちでない場合、代行予約を承ります。お問い合わせください。
*最低履行人数は2名となります。2名に満たない場合、開催中止となることがあります。
*1名でご予約の場合、土曜日10時の開催がオススメです。開催可能性が高くなります。
*5名以上での受講も対応可能です。メールかお電話にてお問い合わせください。

[ワークショップの流れ]
まず、簡易金継ぎの流れを学び、練習します。その上で、じっくり時間をかけて、自分の持ってきた器に金継ぎしていきます。特に決まった流れはなく、自由に、講師のアドバイス受けながら進めていくスタイルです。

[価格]
4,860円(お持ち込みの器以外の資材費込)

[対象]
金継ぎをしたい陶器をお持ちの方。

[持ち物]
以下の持ち物をお持ちいただかないと金継ぎができません。必ずご確認ください。

①欠けや割れのある直したい器
複数点持ち込みも可能です。時間内の目安は以下のとおりです。

>端の軽微な欠け(ほつれ)・・・3〜5箇所程度まで
>割れ・・・分かれた数が3つ程度(総長さ20cm程度)まで
>大きい欠け・・・(紛失部分の面積が2平方cmまで)

*個々の状況や、求める質に応じて異なります。
*修復部分の多いものは、1回のご参加では部分的な補修となる可能性があります。
*ヒビ割れ部分が激しい場合、修復は効果が見込めないことがあります。
*ガラス製品も接着可能ですが、断面処置に時間がかかりお断りする場合がございます。
*木製品は対応できません。

②持ち帰り用の箱や袋
修復部分は乾くまでに時間がかかります。持ち帰り用の箱などをお持ちください。

[注意事項]
*簡易的な金繕いとなります。継ぎには接着剤やパテをつかいます。
*表面には真鍮粉/銀粉と食品衛生法に適合したうるし風塗料を使用します。
*うるし風塗料の特性上、常温(60℃以下)で使用することを想定しております。
*継いだものは、オーブン/電子レンジ/食洗機/研磨剤/たわしなどは使用できません。
*体験のみをご希望の場合、こちらでご用意した器を別途購入することも可能です。1つ1,080円(税込)で販売しております。

*ご予約後、キャンセルを承ることはできません。日程変更については一度に限り、開催の1週間前まで受け付けています。メールかお電話にてお問い合わせください。
*10分以上遅刻されますと、ご参加をお断りする場合がございます。
*選ばれるデザインによっては、終了時間が前後する場合がございます。お時間に余裕を持ってお越しください。
*店舗に駐輪・駐車スペースはございません。自転車や車でお越しの方は、近隣のコインパーキングなどをご利用ください。

開催地

東京

参加費

4,860円

Workshop

 | はじめての金継ぎ体験

これまでに 2115 人が参加しました。

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19

20

21

22

23

10:00

12:00
満席

24

25

26

27

28

29

30

         

2019年11月

         

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30