鉄と木でつくるオリジナルスツール

鉄工、木工とジャンルをまたいで楽しめるワークショップ。鉄と木は相性がよく、頑丈なスツールをつくることができます。スタッフがサポートしながら、溶接機やバーナーを使っていちから作れるのが魅力。なかなか使うことができない機械に触れるチャンスでもあります。

[ご予約]
以下のいずれかの方法でご予約をお願いします。
①予め用意してある日程から予約
本ページの下部より日程を選択し、予約ページに進んで下さい。1名から予約可能です。
②ご希望のスケジュールで新たに日程を設けて予約
調整可能な日程であれば、平日も含めて開催できます。

*クレジットカードをお持ちでない場合、代行予約を承っております。
*Webからのご予約の場合、American Expressのカードはご利用いただけません。
*お問い合わせはコチラからお願いします。
*お電話でのお問い合わせは、03-6421-1571(受付時間:10:00〜22:00)にご連絡下さい。
*公開日程より先のご予約も承っています。
*企業研修やレクリエーション、旅行体験として団体での参加もご相談いただくことが可能です。上記のメールアドレスか、電話番号までお問い合わせください。

[ワークショップの流れ]
まず、スツールの脚の形を丸鋼・角鋼からお選びください。
バーナーを使ってメインの鋼材を曲げ、補強部分を溶接し脚を製作します。
次に座面の木材を選び、丸形や正方形、長方形などお好みの形に切り出します。
オイルで木材の色を引き立たせたい方はタモ材、素材の良さを活かしたい方はウォールナットがオススメです。
切り出したものをオイルフィニッシュし、鋼材の脚と座面をビス止めしたらオリジナルスツールの完成です。
シンプルなデザインなので、様々なお部屋の雰囲気にマッチします。

[素材]
・座面の木材:タモ(集成材)かウォールナット(集成材)の2種のうちいずれか
・オイル:5種(ナチュラル、ホワイト、チェリー、マホガニー、ミディアムウォールナット)
・脚:丸鋼(9mm)、角鋼(9.52mm)の2種のうちいずれか

[仕様]
・座面:300mm四方の木材からお好みの形に切り出します
・高さ:500mm程度の高さまでアレンジ可能

Workshop

 | 鉄と木でつくるオリジナルスツール

ご相談は随時、受け付けております。まずはメール(support@makers-base.com)かお電話()でお問い合わせください。